information

電話番号: 0120-998-045

 

坐骨神経痛の症状

HOME >坐骨神経痛の関連ページ >坐骨神経痛の症状

 

「長時間すわったり立っていると腰が痛い。。。」

今、PCの前でお困りではありませんか?

父の代から
30年、地元で愛される

痛みしびれの専門院です。

 

坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛の症状の現れかたは、人によって様々です。

症状を詳しく説明していきますので、あなたの症状と似たところはないか
照らし合わせてみて下さい。

 

《 症状 》

youtu_jyosei
坐骨神経痛は、臀部(おしり)から脚にかけて通っている坐骨神経が、何らかの原因で圧迫されることにより神経痛が生じている状態です。

症状としては、臀部から太ももの後ろ側にかけて鋭い痛みが起こることが多く、かかとや足の裏まで痛みの範囲が広がる場合もあります。

症状は、強い痛みとして感じるだけでなく、ビリビリとした痛み・痺れた感じ、感覚がマヒした感じ、違和感がある感じなど、人によってその不快感・強さは様々です。

また、最初に感じていた違和感が徐々に痛みに変わる場合や、ある日突然、太ももの痛みや痺れが現れるケースもあります。

《生活の中での坐骨神経痛の症状 》
・お尻から足にかけて、激しく痛んだことがある
・腰部に痛みが長時間続いたことがある
・重いものを持ち上げると、お尻に痛みを感じることがある
・長時間立ったり、座っていると腰部が痛くなる
・長時間歩くと腰が痛くなる
・寝ている時腰が痛くなり姿勢を変えずにはいられない
・朝起きたとき、腰がひどく痛くなる
・1日の終わりに足がひどく痛くなる
・足が痛くて、足を引きずるようにしないと歩けない(跛行(はこう))
・痛む方の足の血流が悪く、ひどく冷えてる

上記のような症状が坐骨神経痛の特徴的なものです。

坐骨神経痛は、骨盤の歪みや股関節の歪みが大きく関係しています。
施術により歪みを整えると、今のあなたの坐骨神経痛の辛さが、嘘のように軽くなりますよ。

病院などで腰椎椎間板ヘルニア、梨状筋症候群、変形性腰椎症、腰部脊柱管狭窄症、
などと診断されても、きちんと改善法がありますので、当院にお任せください。

  • もう痛み止めやシップでのその場しのぎはイヤだ!
  • 根本的にきちんとよくしたい!
  • 手術を進められたが、できれば手術せずに治したい!
  • もう治療院めぐりは終わりにしたい!

という方は一度、当院にご相談ください。
挨拶が遅れましたが、
こんにちは!!
西住之江整体院 院長の白井天道です(^^)

about01

実は私も坐骨神経痛で悩んでいたんです!!

わたしも過去に腰痛から坐骨神経痛になり、電車に乗っているのも苦痛なときがありました。

部活でしていた柔道も、コルセットをしたままで満足いく練習もできませんでした。

病院に行ってもシップを出されるだけで全くよくならず、そのとき、私は
「この痛みさえなければ」
と心の底から思いました。

「絶対に自分と同じような思いをして欲しくない!」自分が整体師になって「この痛みさえなければ」と悩んでいる

人をなくしたい!

この強い想いが今の私の原動力となっています。

おかげ様で、今は腰痛、坐骨神経症も克服しています(^ ^)

たった一回の整体で、身体の変化を感じてもらうことには自信がありますので、痛みに関する事なら何でもご相談ください。

そして、痛みを改善するだけではなく、あきらめていたことが、またできるようになる整体院です。

「こんなちょっとしたことで良くなるなら、もっと早く来ればよかったです」こんな声で多くの方に喜ばれています。

あきらめないでください!!あなたの痛みは、きっとよくなります。

あなたのご来院を心からお待ちしております。

 


 

 

お問い合わせについて

電話番号 0120-998-045 icon お問い合わせをお待ちしております。  →メールでのお問い合わせ


PageTop