information

電話番号: 0120-998-045

モートン病とは

横アーチ

 

モートン病は、足のアーチ構造が崩れて起こる神経障害の一種です。

足の裏のしびれ感や痛みの中で多くみられ、坐骨神経痛による足の痛み、痺れと間違えやすい病気です。

個人差はありますが、足裏の第3~4足指間か第2~3足指間の起こりやすく、疼痛、痺れ、灼熱感などの多彩な神経症状が出ます。

足の裏の前あたりに繰り返される衝撃があると、そこで炎症が起こって、神経が圧迫されて症状が出てきます。

足の構造は、正面から見た場合にアーチ構造になっています。そこで地面に着いたときに、アーチの湾曲部である足の第2・3・4の部分に負担がかかり、バランスが崩れるとアーチ部分の衝撃の吸収が出来にくくなり発病します。

 

原因

中腰の作業やハイヒールの常用など、つま先立ちをする格好が長時間続くと起こりやすくなります。

ハイヒール

その他、自分に合わない靴や、指先を地面に着けない歩き方のクセにより、横アーチが潰れてしまうと、支える力を緩衝する滑液胞との間で、指神経が圧迫され、足の裏のしびれ感が発生します。

 

症状

モートン病

足指間部に広がる痛みと痺れが特徴であり、中足骨頭間の圧痛があります。

足の指の痛みを訴えて、来院される事が多く、患部の腫れもよく見られます。前足部に体重がかかることが多い場合に起こり、ハイヒールや幅の狭い靴で圧迫されると痛みが増強します。

指先の感覚が鈍くなったり、麻痺などの知覚障害を起こす場合もあります。

重症となった場合は、歩くことが困難になるほど疼痛を訴えます。症状を悪化させてしまうと神経が脹れてコブのようになる「神経腫」ができてしまうため、早期の治療が必要です。

 

病院での治療

モートン病の治療は3段階に分かれます。

1段階目、靴の指導や中敷、インソール、足底版による治療。

2段階目、局所麻酔や投薬で痛みを和らげます。

3段階目、1、2の経過を見て効果のない場合は手術適応となります。

 

予防

自分の足に合った靴で、横アーチを崩さない靴に変えます。先の細くなったものや、ハイヒール等、過度に負担をかけるものはやめましょう。

つま先立ちや中腰になる姿勢を長時間続けないようにする。ランニングを続けている方で、モートン病になる場合もあるので、トレーニング量を減らすなどする。加齢で筋肉が弱ったり、緩んだりして横アーチが減ってきた人はモートン病になりやすいので、ストレッチや運動で横アーチを保つようにする。

 

当院でのアプローチ

モートン病の原因となる、足の横アーチを正常に戻すように施術していきます。

足の指に痛みや痺れのある場合には、直接足の指から軽い刺激を送り、痛み・痺れを軽減させるような治療を施し、足底の固くなっている筋肉を丁寧に緩めていきます。

 

痛みのきつい方は触れられるだけで辛いという場合がありますが、そんな方でも痛みの出ないように施術します。

 

病院でモートン病と言われて、当院に来られた方の中には、腰の施術をすると足の痛み・痺れが軽減改善する方が4割ほどいらっしゃいます。

レントゲンやMRIで腰に異常がなくても、何らかの原因により、腰で坐骨神経を圧迫して、足の甲や裏だけに痛み・痺れが出る場合がありますので、きちんと調べる必要があります。

 

モートン病は、きちんとした治療ができれば早期改善も見込める病気です。ですが、症状が長く続いているような場合は、神経自体が損傷を受け、慢性化して回復が遅くなる傾向がありますので、できるだけ早い段階で治療を受けることをお勧めします。

お問い合わせについて

電話番号 0120-998-045 icon お問い合わせをお待ちしております。  →メールでのお問い合わせ


PageTop