information

電話番号: 0120-998-045

 

脳梗塞とは?

脳梗塞は脳の血管が詰まって血流がストップしてしまう病気のことで、脳の血管が血栓によって詰まり、脳組織が酸素、栄養不足により、壊死に近い状態になってしまいます。

 

脳卒中との違い・区別

脳卒中という言葉は一般的な用語であり、医学用語ではありません。正式には「脳血管障害」といいます。脳血管障害は大きく3つに分けられます。

 

1:脳梗塞


 

脳の血管がふさがってしまうと、血流がストップして発生します。

 

2:脳出血


 

脳の深部の細い血管が破裂して脳の中に血腫ができて発生します。

 

3:くも膜下出血


 

脳の表面の太い血管に動脈瘤ができて、それが破裂してくも膜の下に出血がおこり発生します。

脳の血管異常で起こる病気を「脳卒中」と呼び、脳梗塞は脳卒中の1タイプと理解してください。

 

脳梗塞の種類

脳梗塞は、1、アテローム血栓症脳梗塞、2、ラクナ梗塞、3、心原性脳梗塞の3種類に分けられます。

 

1:アテローム血栓症脳梗塞


 

脳の太い動脈や頸動脈の硬化により起こるタイプ

 

2:ラクナ梗塞


 

脳の細い動脈に、1.5㎝未満の小さな梗塞が生じるタイプで日本人におこりやすいと言われています。

 

3:心原性脳梗塞


 

心臓で発生した血栓が脳の血管にまで流れてきて起こるタイプです。

 

脳梗塞の前兆とは?

発症の危機がせまると、下記のような症状が現れることがあります。

✔顔や手足が麻痺して、片側しか動かせなくなる。

✔ろれつがまわらなくなり、うまく喋れなくなり、聞き取りにくくなる。

✔口が閉まらずにヨダレが垂れたり、空気がもれてしまう。

✔めまいや立ちくらみがおきて、ふらつく。

✔目の焦点が合わなくなり、物が2重にぼやけて見える。

✔障害物がないのにつまずいて、転倒する。

✔片方の目が見えなくなったり、視野が半分欠ける。

✔力はあるのに立てなかったり、歩けなかったりする。

✔言葉を出そうとしても出なくなったり、話が聞けても理解ができない。

✔両手を挙げたままにしようとすると、自然に手が下がってしまう。(片側のみが多い)

※これらの症状はTIA(一過性脳虚血発作)といって、通常20~30分で消えることが多いのです。

ただし放っておくと遅くとも3ヶ月以内に15%くらいの方が脳梗塞をおこします。そして、その半数は48時間以内に発症します。

 

一過性脳虚血発作とは

脳の血管が血栓により一時的に詰まるが、すぐに取れて元にもどる病態です。脳梗塞とほぼ同じ症状が現れ、およそ10分くらいおこります。

 

脳梗塞の症状

脳梗塞は壊死した脳細胞の支配領域の機能が失われるため、多彩な症状を示します。

また、症状からどこの領域が原因かを判断することができます。

 

1:片側の麻痺


 

通常は身体片側の脱力や不器用さ、または重い感じが出ます。麻痺するとは運動の障害がでることで、運動中枢の壊死によっておこります。

 

2:片側のしびれ感


 

坐骨神経痛と間違われやすいのが、脳梗塞からくるしびれ感です。

感覚の鈍化または消失がおこる他、痛みのおこる場合があります。

 

3:言語障害


 

失語症(しゃべれなくなる)や、言葉が聞き取りにくくなります。

 

4:片側の失明


 

 

 

5:めまい


 

ぐるぐる回転した感じでおこります。

 

6:失調


 

平衡感覚が悪化し、歩行時につまずいたり、よろめきが起こります。

 

7:意識障害


 

意識のレベルが低下し、物事がはっきりと認識できなくなる。

お問い合わせについて

電話番号 0120-998-045 icon お問い合わせをお待ちしております。  →メールでのお問い合わせ


PageTop