information

電話番号: 0120-998-045

脊柱管狭窄症とは

背骨(脊柱)は、椎骨という骨が24個積み重なって、1本の柱のようになっています。

椎骨を横断面であらわすと、腹側の椎体と背側の椎弓の間は空洞になっています。

 

椎骨が24個積み重なっていくと、空洞の部分がつながって、トンネル状の管となります。この管が、脊柱管と呼ばれる部分で、脊髄神経の通り道になっています。

脊柱管

腰部脊柱管狭窄症は、背骨の腰の部分にあたる腰椎部、特に5番目あたりの脊柱管が狭くなり、狭窄されます。

その結果、脊柱管内の脊髄神経が圧迫されて、神経が損傷、炎症を起こし、坐骨神経痛や間欠はこうや腰の痛みが現れます。

60才以上の中高年の患者さんで「歩くと腰から下肢にかけて痛みが発生し、しばらく座っていると楽になってまた歩ける」と坐骨神経痛の症状を訴える多くの方が脊柱管狭窄症と考えられます。

 

これは同じように坐骨神経痛を起こすヘルニアが高齢になると発症しずらくなり、かりに年齢が上がるとともに、骨の変形や老化とともに、脊柱管狭窄症が増加するためです。

脊柱管狭窄症から起こる坐骨神経痛の原因ですが、脊柱管を通って、下がってきた脊髄神経は、椎間孔という脊椎の穴から神経根となって背骨から出て、体の各部位へと連絡します。

神経根を通じて坐骨神経へと向かう神経のどこかで、脊柱管狭窄症による圧迫があると、坐骨神経痛を起こします。

 

原因

医者

 

1:脊柱管狭窄症は大きく分けて2つに分類されます。


 

脊柱管狭窄症の原因は大きく分けて、

1、先天性」の原因

2、後天性」の原因

があります。ほとんどが加齢が原因で起こる、2の後天性の脊柱管狭窄症になります。

 

先天性の原因は、生まれつき脊柱管が狭いことによるもので、幼児期から症状の出る場合はまれです。

先天的に脊柱管が正常よりも狭くても、若いうちはどうもなくて、加齢とともに発症する事があり、その場合は40代、50代の比較的早い時期に発症する原因になることが多いです。

 

2:後天性の加齢による原因は7つの原因に分けられます。


背骨 異常

1、脊椎の椎体や椎弓の骨の変形でおこる場合

2、椎間関節の関節包の肥厚により起こる場合

3、椎間板の変性により起こる場合

4、背骨のゆがみや側湾によって起こる場合

5、すべり症により起こる場合

6、すべり症以外の脊椎の回旋や横方向のズレによりおこる場合

7、1~6までの原因が複合して起こる場合

 

1、脊椎の椎体や椎弓の骨の変形でおこる場合

若いうちにスポーツで無理をしたり、仕事や家事で無理な姿勢を続けていたりすると、年をとってから骨が変形することがあります。椎体や椎弓からトゲのように骨が出ているのがレントゲンで確認できます。

 

2、椎間関節の関節包の肥厚によりおこる場合

若いころから姿勢が悪かったり、運動不足で関節が固いと、椎間関節の動きが悪くなり、関節包が肥厚して神経を圧迫します。

また、関節についている靭帯の肥厚でおこる場合もあります。

 

3、椎間板の変性によりおこる場合

60才位までは、椎間板の水分の含有率が高く、ゼリー状のため、ヘルニアのように外に飛び出しやすいのですが、60才を過ぎてくると水分の含有率は低下して固くなり飛び出にくくなります。

そのかわりに、固くなった椎間板は組織が変性しやすくなり、形が変わることにより、神経を圧迫することがあります。

 

4、背骨のゆがみや側湾によっておこる場合

猫背や反り腰、ストレートネックなどの背骨のゆがみは、脊柱管を狭めます。脳から仙骨、尾骨まで、背骨の脊柱管は1本の管になって脳から足の先端まで、神経の情報を伝えます。

それが途中で曲がっていたり、側湾症で全体が曲がっていると当然、脊柱管は狭まり、神経を圧迫します。

 

5、すべり症によりおこる場合

若いときに、激しいスポーツや椎弓を骨折し分離した椎骨がすべり症になったり、加齢で椎間関節が変性してすべる、変性すべり症があります。すべり症は、上下の椎骨の位置関係に異常をきたすため、結果的に脊柱管が狭まり、脊柱管狭窄症を引き起こします。

 

6、すべり症以外の脊椎の回旋や横方向のズレによりおこる場合

脊椎はすべり症のように、前後にずれる場合がありますが、それ以外にも横方向や、右回旋、左回旋でズレることがあります。

その場合も同じように脊柱管が狭まり、脊柱管狭窄症を引き起こします。

 

7、1~6までの原因が複合しておこる場合

1~6、それぞれの原因が複数おきて脊柱管狭窄症を引き起こすことがあります。1~6はすべて若い時におこることもありますが、圧倒的に加齢によっておこる場合が多く、50才を超えて坐骨神経痛が出た場合の40%は脊柱管狭窄症であるという調査結果があります。

70歳以上では、85%以上の方に脊柱管狭窄症があると言われています。

 

症状

脊柱管狭窄症 腰

 

1:代表的な症状は間欠性跛行です。


 

腰痛、腰まわりが重かったり、違和感、張り感があるなどに加えて、足の痺れや痛みがある。

普段はなんともないが、歩き出すと足が痺れて歩けなかったり、歩きにくくな間欠性跛行などの症状が代表的な症状です。

 

その症状は、太ももからふくらはぎ、足の裏などに両側に出る場合や、片側だけに出る場合があります。

足先が持ち上がらない、階段や段差でつまずく、スリッパが脱げやすかったり、履きにくいなどがあります。

 

排尿障害さらに症状が悪化すると、歩行時に尿意を催すなどの排尿障害や便秘、絵陰部に灼熱感などの症状が起こってきます。

足の症状だけで腰痛は全くない場合もあります。

 

脊柱管狭窄症の患者さんに共通する症状として、歩行を続けたり、じっと立っているとだんだん痛くなります。

 

かがんだり、イスに座って腰を丸めると楽になるというものがあります。

これは腰を反らした状態だと脊柱管が狭まりやすいためで、腰を丸めた状態だと脊柱管が広がりやすく楽になります。

 

したがって、前かがみで乗る自転車はまったく痛みの出ない方がほとんどです。

また、スーパーの買い物用のカートなどを押していると体が少し前かがみになるため、楽に歩ける方が多いです。

自転車で移動すればあまり問題がないため、受診が遅れる場合がありますが、20分以上歩けなければ、かなり症状は進行していますので、早期に治療や対策をとることがおススメです。

 

また座っていれば痛くないので、軽く考えて、そのうち症状が改善すると思う方もいらっしゃいますが、歩かないと、ますます筋肉が衰えて血流も悪くなり、症状は悪化しますので、注意してください。

 

2:間欠性跛行の特徴

youtu_jyosei

腰部脊柱管狭窄症の持つ、もっとも特徴的な症状は、間欠性跛行と言われるものです。

これは歩いていると腰から足にかけて痛みや痺れが起こったり、ふくらはぎに張りが生じたりして歩けなくなり、前かがみになって少し休むと回復して再び歩けるようになる症状を言います。

 

脊柱管狭窄症の悪化に伴って、続けて歩ける距離が次第に短くなり、50m程度歩くと辛くなって、一度腰掛けて休まないではいられない状態になる場合もあります。

腰部脊柱管狭窄症の間欠性跛行、神経の障害によるもので、腰を伸ばしたり反らしたりした状態、つまり歩いたり、立っている、仰向けで寝るなどによって起こります。

 

間欠性跛行には、

脊柱管狭窄症で起こる神経性の原因によるものと、血管性の原因で起こるものがあります。

血管性で起こるものの代表は、閉塞性動脈硬化症です。

 

自転車これは、動脈硬化によって脚の血流が悪くなるもので、血流の障害によって脚の痺れや痛み、足がつるなどが起きるものです。

脊柱管狭窄症と閉塞性動脈硬化症の違いは、歩いていて痛みが出た時に、閉塞性動脈硬化症の場合は立ったままでも休んでいれば楽になることです。

 

脊柱管狭窄症は姿勢に関係しますので、腰を前かがみにして休まないと楽になりません。

また、自転車は長く乗っても症状は出ませんが、閉塞性動脈硬化症は自転車に長く乗ると血流が悪いので痛みやひきつりが発生します。

 

 

 

腰部脊柱管狭窄症の3つのタイプ

 

 

脊柱管の腰椎1番から下の部分は、脊髄が細かく枝分かれして「馬毛」と呼ばれます。

細く分かれた神経が馬のしっぽのように集まっていることから、この名前が付けられました。馬尾の神経は、1本ずつ分かれて、椎骨と椎骨の隙間から出ています。椎骨から外に出ていく神経の根本の部分を「神経根」と言います。

腰部脊柱管狭窄症はどの神経が圧迫されるかによって、次の3つに分けられます。

 

1:神経根型


2神経根型

 

神経根が圧迫されるタイプです。多くは左右どちらかが圧迫され、片方の脚に痛みや痺れが出ますが、両側が圧迫されるケースもあります。

 

2:馬尾型


2馬尾型

 

神経の束である馬尾が圧迫されるタイプです。多数の神経が影響を受けるので、神経根型よりも様々な症状が出やすく、出る範囲も広くなります。両側に症状が出て、痛みや痺れ以外に、脚の筋力低下や感覚の異常・膀胱や直腸への神経の障害が起こり、排尿や排便のコントロールがうまくできなくなる事があります。

 

3:混合型


2混合型

 

神経根と馬尾の両方が圧迫されるタイプです。両方の症状が現れます。

 

脊柱管狭窄症の対策

 

1:冷やさないようにする。上手に温める。


 

お風呂

 

 

 

 

 

脊柱管狭窄症の痛み・痺れは慢性的な痛みや痺れですので、冷やすと症状は悪化します。下着や衣服、暖房をうまく使って、冷やさないようにしてください。カイロを使って温めるのもよい方法です。

 

2:立っている時の姿勢に気をつける。


 

姿勢

立っている時に、お腹が出ていたりすると、反り腰になり、余計に痛くなります。お腹を少し引っ込めるようにして、腰が反らないようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3:調子の良いときは、しっかり運動。悪いときは運動を控える


 

ウォーキング

調子の良いときは、神経の圧迫が少ないときですので、しっかり運動をしてください。

逆に、調子の悪いときは神経を強く圧迫しているときなので無理をすると、神経を損傷させて悪化させる危険性があります。

 

 

 

4:腹筋を鍛えましょう。


 

腹筋

腹筋が強くなると、腹圧が上がり、腰椎を保護してくれます。

逆に、腹筋が弱くなると腹圧が下がり、腰椎の負担が大きくなり、脊柱管狭窄症になったり、悪化させるリスクを高めます。

当院では、息を吐きながら10秒間かけて徐々にお腹を引っ込めるトレーニングをおススメしています。

 

 

脊柱管狭窄症のストレッチ

 

 

脊柱管狭窄症の病院での診断・治療

 

1:整形外科で診断を受けましょう。


 

レントゲン

腰部脊柱管狭窄症は高齢者に多いため、年のせいと諦めがちです。しかし、当院の施術と運動・体操の組み合わせで必ず改善しますので諦めないでください。

当院の施術と運動・体操を始める前に、まずは整形外科で診断を受けましょう。なぜなら、症状を改善させるには最低でも3ヶ月単位の継続が必要だからです。

整形外科では、レントゲンの後にMRIを撮って、脊柱管が狭まっている事を確認して診断します。

脊柱管が狭まっているとうことは、骨や靭帯、椎間板などが肥厚して圧迫しているからです。その肥厚した骨や靭帯や椎間板が1週間や10日でなくなる訳がありません。

 

したがって、3ヶ月以上、施術を継続する覚悟をする為にも、自分自身で納得する為にも、病院で診断を受けることをおススメします。

 

2:病院での治療


薬を飲む病院での治療は、まずは鎮痛剤などのお薬と、腰の牽引、電気治療、マッサージ、リハビリなどで様子をみます。

痛みが強い場合は、神経ブロック注射を行います。鎮痛剤も効果の弱いものから、強いものに変えながら経過を見ます。

それで改善がみられず、10~20m歩くのが痛くて辛いようなら、最終的手段として手術を行います。

 

 

手術

外科医

病院ではお薬やブロック注射、リハビリ、マッサージなどの保存療法で改善しない場合は、手術をすすめられます。

腰部脊柱管狭窄症の手術の基本は、神経の圧迫を取り除く「除圧術」です。

除圧術は、圧迫を受けている脊柱管の場所や範囲によって「開窓術」「椎弓切除術」から適した方法を選択します。

椎骨どうでしが不安定になってぐらぐらしたり、ズレを起こしたりしているときには、除圧術に加えて「脊椎固定術」を組み合わせます。

 

1:開窓術


窓開術

開窓術は、神経を圧迫している部分だけを取り除き、椎弓をできるだけ残す手術で、手術後は背骨に窓が開いたようになるので開窓術と呼ばれています。

神経の圧迫範囲が狭い場合に適した手術です。

 

2:椎弓切除術


椎弓切除術

椎弓切除術は、神経の圧迫が高度で、かつ広い範囲に及んでいる場合に適した手術法です。

背中側から背骨の中央部を縦に切開して、神経を圧迫している棘突起を含む椎弓、椎間関節と靭帯などを広い範囲で取り除きます。

 

3:脊椎固定術


脊椎固定術

脊柱管狭窄症では、上下の椎骨と椎骨が不安定になっている場合が多い為、椎弓の切除を行っても椎骨がズレて、再び神経が圧迫される恐れがあります。

そのような場合は、椎弓の切除術に合わせて、脊椎固定術を行います。脊椎固定術は、椎弓の切除後に患者さん自身の骨盤の骨で削った椎骨を成形して固定する術です。さらにチタン製などの脊椎内固定器具を用いて、固定した部分を補強します。

 

当院のアプローチ

 

脊柱管狭窄症の施術は大きく3つに分けられます。

 

1:ズレた椎骨を正しい位置に戻す。


 

加齢とともに背骨は、猫背や側弯症やすべり症のように色々な歪みを起こします。

それを当院の施術で正常な位置に戻すことで、神経の圧迫は軽くなります。矯正の方法ですが、非常に軽い力で行いますので、安心で安全です。よく強い力を加えないと歪みは直らないと思われている方が多くいらっしゃいます。

しかし、強い力だと体が反応して、たとえ動いたとしても、すぐにズレてしまいます。強い力の場合は、加齢とともに変化を起こした体に対しては危険が大きいのです。

高度な技術があれば、弱い力で矯正できますし、再びズレにくい状態を保ちやすくなります。

 

2:患部の血流をよくして、椎間板や靭帯・関節包の肥厚、変形を改善する。

脊柱管狭窄症の原因は、背骨の歪みと、椎間板や靭帯、関節包の肥厚、変形です。

2つの原因を改善するために、当院の施術で患部の血流をよくするように変化させます。人体にはポンプ作用がありますので、それをうまく利用して、血流をよくして、神経を圧迫している組織を体に吸収させます。

 

3:筋肉の働きを正常に戻して、体を歪みなく支えられるようにする。

脊柱管狭窄症の方の場合、体を正常に支える為の筋肉が異常を起こして、うまく体を支えることができずに、歪みを起こしている方がいます。当院の施術で腱の反射や伸び縮みに刺激を与えることで、筋肉の働きを正常に戻すことができます。

 

それと共に、筋肉を強くしたり、伸縮がうまくできるようになる体操もお教えします。

施術とともに、体操もうまく取り入れれば、それだけ回復は早くなります。

 

 

 

脊柱管狭窄症による足の痺れから解放された方の声

 

山中 京子さん (68才/女性)

icon_next あなたが悩んでいたことは?

脊柱管狭窄症、首や肩の痛み、強度の腰痛。

icon_next どういう変化や嬉しかったことがありましたか?

鏡の前に立ち、自分の体型を確認して歪みやねじれに驚きました。
これでは施術が長引くどろうなぁと思った。
白井先生が身体をほぐし要所々を的確に対処して、「もう一度、鏡の前に・・・」
鏡を見ると、体型は正しい位置に、初日には腰痛はなくなっていました。
「えっ、うそ!朝起きたら元にもどってるんちゃう?」と疑いながら通い、気が付けば身体がまっすぐに、短期間で改善されたことに感謝感謝合掌です。

icon_next 今、同じような悩みがある方に一言(^O^)/

先生が複数の資格を持っていること、その人に合った施術をしてもらえること。
質問に分かりやすく応えてくれる等、ちなみに私はO脚を相談すると、手本を見せて教えてくださり、今では足がまっすぐで美脚に?・・・♪

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

 

大喜多 公子さん (73才/女性)

icon_next あなたが悩んでいたことは?

4年前から腰痛がありまして、脊柱管狭窄症とすべり症と言われ、どこか施術して下さるところはないかなと思っていました。
もっと早く来れば良かったと思います。

icon_next どういう変化や嬉しかったことがありましたか?

7月3日から7回の施術をしていただいていますが、腰の痛みと背中が少しづつ伸びて気持ちがいいです。これからも宜しくお願い致します。

icon_next 今、同じような悩みがある方に一言(^O^)/

がまんしないで、1日も早く白井先生に施術していただいたほうがいいですよ。おすすめします。

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

 

 

H.Yさん (60代/女性)

icon_next あなたが悩んでいたことは?

膝関節痛とO脚、脊柱管狭窄症と腰椎の変形でした。

icon_next どういう変化や嬉しかったことがありましたか?

2~3回目の治療で膝関節痛は良くなり、趣味のウォーキングも楽しめるようになりました。

icon_next 今、同じような悩みがある方に一言(^O^)/

以前は他の接骨院に通っていましたが、なかなか良くならず、今はこちらの整体院に通っています。

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

 

H.Mさん (70代/女性)

icon_next どんなことに悩まれていましたか?

歩けなくなってきたので、病院に行ったら脊柱管狭窄症と言われました。
まっすぐ立てませんし、10分以上の歩行ができません。
寝ていても痛みがひどく、寝られない日もあります。
ずっと立っていられません。

icon_next 当院の施術を受けられていかがでしたか?

びっくりです。痛みもらくになったし、写真を見て「えっ!」と思うくらい変化がありました。

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

 

柳田 広子さん (70代/女性)

足の付け根が20分くらい歩くと痛くなり、病院で脊柱管狭窄症と言われました。2週間くらい前から頭が重苦しく首コリというか毎日たまらない日を送っていました。
骨のゆがみが原因であることを知り、治療を受けると、あれほど苦しかった頭の重苦しさもなくなり、足腰も楽になり、とても喜んでいます。
また、徳島に住んでいるため、こういう医院がなく全国にあればと願っております。

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

お問い合わせについて

電話番号 0120-998-045 icon お問い合わせをお待ちしております。  →メールでのお問い合わせ


PageTop